ここから本文です

[総体]1年生GK伊藤が2本ストップ!!松山工がPK戦制す、三重はGK交代実らず…

ゲキサカ 7月28日(木)1時46分配信

[7.27 全国高校総体1回戦 三重高1-1(PK2-4)松山工高 広島広域公園補助競技場]

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」のサッカー競技が27日に開幕し、各地で1回戦を行った。広島広域公園補助競技場の第3試合では松山工高(愛媛)が三重高(三重)と対戦。1-1のまま突入したPK戦を4-2で制し、初戦を突破した。28日の2回戦では日章学園高(宮崎)と対戦する。

 松山工は前半28分、FKから10番のFW大木秀仁(3年)が右足で先制点。前半は1点リードで折り返したが、三重も後半24分、途中出場のFW川北敦史(2年)が同点ゴール。試合を振り出しに戻すと、1-1のまま70分間を終え、PK戦に突入した。

 三重は後半アディショナルタイムにGK本多航(3年)からGK紙島晨(2年)に交代。PK戦を見据えた秘策だったが、松山工は1年生GK伊藤元太が1人目と4人目のキックを見事にストップし、PK4-2で激闘を制した。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

最終更新:7月28日(木)1時46分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。