ここから本文です

[総体]前半シュート2本で2点!前橋商が西京の反撃抑え逃げ切る

ゲキサカ 7月28日(木)2時27分配信

[7.27 全国高校総体1回戦 西京高1-2前橋商高 呉市総合スポーツセンター陸上競技場]

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」のサッカー競技が27日に開幕し、各地で1回戦を行った。呉市総合スポーツセンター陸上競技場の第2試合では前橋商高(群馬)が西京高(山口)と対戦し、2-1で勝った。28日の2回戦では帝京大可児高(岐阜)と対戦する。

 前半のシュート2本を2点に結びつけた。前橋商は前半27分にFW藤生春樹(2年)のゴールで先制。前半終了間際の35分にはFW星野周哉(3年)が追加点を奪った。

 限られた好機を生かして2-0とリードを広げた前橋商。対する西京も後半32分に途中出場のMF木村悠人(1年)が追撃のゴールを決めたが、あと1点及ばず、前橋商が2-1で逃げ切った。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

最終更新:7月28日(木)2時27分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。