ここから本文です

実戦復帰の本田、PK戦1人目で決めた!ミランがバイエルンと打ち合い、PK戦に勝利

ゲキサカ 7月28日(木)13時9分配信

[7.27 IC杯 バイエルン3-3(PK3-5)ミラン シカゴ]

 インターナショナルチャンピオンズ杯のアメリカラウンドで、日本代表MF本田圭佑の所属するミラン(イタリア)はバイエルン(ドイツ)と対戦し、3-3から突入したPK戦を5-3で制した。本田は後半17分から途中出場した。

 ビンチェンツォ・モンテッラ監督を迎えたミランが、“国際大会”初陣を白星で飾った。打ち合いとなった試合の先制点を決めたのもミラン。前半23分、FWエムベイェ・ニアンの相手のミスからボールを奪い、そのままゴールネットを揺らして幸先よく試合を動かす。

 しかしバイエルンも前半29分に左クロスからFWフランク・リベリのビューティフルゴールで同点に追いつくと、同38分にはDFダビド・アラバのミドルシュートで逆転に成功した。

 ただミランも後半に入るとすぐに同点に追いつく。4分、MFアンドレア・ベルトラッチがゴール前の混戦を押し込み2-2。そして同16分にはMFユライ・クツカのミドルが相手DFに当たってコースが変わるラッキーなシュートになり、試合をひっくり返した。

 日本代表招集中に左膝裏を負傷し、リハビリを続けていた本田はベンチスタートだったが、後半17分から登場。昨季のコパ・イタリア決勝以来の実戦復帰を果たす。本田はFKを蹴るなどチャンスメイクをするが、この日は得点に繋げることが出来なかった。

 試合はミラン勝利で終えるかと思われた後半45分にバイエルンがPKを獲得。これをリベリがしっかり蹴り込み、3-3の同点になる。大会規定により、延長戦なしのPK戦に突入した。

 先攻のミランは1人目の本田が成功させるなど、順調にゴールを決めていく。バイエルンも3人目までは決めたが、4人目のDFラフィーニャのシュートがGKジャンルイジ・ドンナルンマにストップされる。ミランは5人目のMFジャコモ・ボナベントゥーラがGKスベン・ウルライヒからしっかりゴールを奪い、元指揮官のカルロ・アンチェロッティ新監督を迎えたドイツ王者を下した。

最終更新:7月28日(木)13時9分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]