ここから本文です

元クロアチア代表FWオリッチ、新天地は昨季ブンデス2部15位の1860ミュンヘンに

ゲキサカ 7月28日(木)17時17分配信

 1860ミュンヘンは27日、昨季限りでハンブルガーSVを退団していた元クロアチア代表FWイビツァ・オリッチ(36)を1年契約で獲得したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

 オリッチは母国のクラブなどを経て2009年夏にバイエルンに移籍し、2012年夏にボルフスブルクへ加入。2015年1月からハンブルガーSVでプレーしていた。

 1860ミュンヘンは昨季、ブンデスリーガ2部で15位と残留争いに巻き込まれた。ブンデスリーガ通算238試合に出場して72得点を記録している経験豊富なオリッチはチームを立て直すことができるだろうか。

最終更新:7月28日(木)17時32分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。