ここから本文です

[総体]初出場校同士の対戦は大阪学院大に軍配、慶應をPK戦で下し全国初勝利

ゲキサカ 7月28日(木)19時56分配信

[7.28 全国高校総体2回戦 慶應義塾高0-0(PK4-5)大阪学院大高 みよし運動公園陸上競技場]

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」のサッカー競技は28日、各地で2回戦を行った。みよし運動公園陸上競技場の第1試合では大阪学院大高(大阪1)が慶應義塾高(神奈川2)と対戦。初出場校同士の対戦は0-0のままPK戦にもつれ込み、大阪学院大がPK5-4で競り勝った。

 激戦の大阪を制して初の全国出場を決めた大阪学院大がその初陣を白星で飾った。同じく全国大会初出場で、1回戦で盛岡商(岩手)に1-0で勝って初勝利を記録した慶應との対戦。70分間を0-0で終え、記念すべき全国初ゴールはお預けとなったが、PK戦を制した。

 慶應は2人目のMF武田聖基(3年)が左ポストに当ててしまったが、大阪学院大は5人全員が成功。PK5-4で全国初勝利を挙げ、16強入りを決めた。29日の3回戦では静岡学園高(静岡)と対戦する。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

最終更新:7月28日(木)19時57分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。