ここから本文です

[総体]2戦10発の青森山田、千葉内定MF高橋も連発で立正大淞南に快勝

ゲキサカ 7月28日(木)20時17分配信

[7.28 全国高校総体2回戦 立正大淞南高2-4青森山田高 みよし運動公園陸上競技場]

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」のサッカー競技は28日、各地で2回戦を行った。みよし運動公園陸上競技場の第2試合では青森山田高(青森)が立正大淞南高(島根)に4-2で快勝した。前回大会4強の立正大淞南は初戦で姿を消した。

 2試合連続の大勝だ。1回戦で中京大中京(愛知2)を6-0で粉砕した青森山田はこの日もゴールラッシュ。前半5分、MF郷家友太(2年)のゴールで先制すると、前半10分、17分とMF天笠泰輝(1年)が連続得点し、3-0と大量リードを奪った。

 立正大淞南も前半25分にMF梶浩暢(3年)のゴールで1点を返すが、青森山田は後半10分、MF高橋壱晟(3年=千葉入団内定)が2戦連発となる追加点を決め、4-1と突き放した。

 後半30分に途中出場のFW泉勇也(3年)が得点し、再び2点差に追い上げた立正大淞南だが、反撃はここまで。4-2で勝った青森山田は1回戦で5得点と爆発したFW鳴海彰人(3年)こそ不発だったが、2戦10発と攻撃陣が好調を持続し、2大会ぶりの16強入りとなった。29日の3回戦では鹿島学園高(茨城)と対戦する。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

最終更新:7月28日(木)20時21分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合