ここから本文です

[総体]FW福原、驚愕の2戦連続ハット!静学が香川西に5発大勝

ゲキサカ 7月28日(木)21時12分配信

[7.28 全国高校総体2回戦 静岡学園高5-1香川西高 東広島運動公園陸上競技場]

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」のサッカー競技は28日、各地で2回戦を行った。東広島運動公園陸上競技場の第1試合では静岡学園高(静岡)が香川西高(香川)と対戦し、5-1で快勝した。29日の3回戦では大阪学院大高(大阪1)と対戦する。

 1回戦で一条(奈良)に5-0で大勝した静岡学園と、同じく北照(北海道2)に8-0で圧勝した香川西の対戦は、静学が再び怒涛のゴールラッシュで圧倒した。

 前半11分、FW青嶋智也(3年)の2試合連続ゴールで先制すると、同25分にはMF若山修平主将(3年)の左FKにDF天本翔太(3年)が頭で合わせ、2-0。さらに一条戦で3得点したFW福原涼太(3年)が前半31分に追加点を決め、3-0で前半を折り返した。

 福原は後半4分にもMF渡井理己(2年)のパスから左足で自身2得点目。さらに後半13分、FW伊藤稜馬(2年)の左クロスを頭で捉え、2試合連続でハットトリックを達成した。

 2戦6発となった福原は得点ランキングでも堂々のトップ。5-0と試合を決定づけると、香川西は後半32分にMF砂川萌(3年)の2戦連発となるゴールで1点を返すのが精一杯だった。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

最終更新:7月28日(木)21時14分

ゲキサカ