ここから本文です

[総体]東福岡苦しめた昌平FW本間椋、成長中の俊足ストライカーがまた自信深める

ゲキサカ 7月28日(木)23時40分配信

[7.28 全国高校総体2回戦 東福岡高 2-3 昌平高 広島広域公園第一球技場]

 昌平高の藤島崇之監督が「大会通して成長している」と評した俊足ストライカーがまた自信を深めた。

 中津東高との初戦で2得点を挙げたFW本間椋(3年)は王者・東福岡高をそのスピードでかき回した。前半にスルーパスで抜け出してGKと1対1となったほか、体を張ったキープから味方のシュートにつなげるシーンも。そして「監督からもハーフタイムにもっと行けと言われていたので自信持って行きました」という後半の6分にMF松本泰志のクロスを合わせて同点ゴール。そして豪快な右足ボレーなどでゴールを脅かした背番号9は24分、「反転で入れ替われたんで狙い通り」にPAで相手DFのファウルを誘い、勝ち越し点に繋がるPKを獲得した。

 この日、東福岡にとっては決勝点を決めた針谷やエース松本以上に本間の存在が嫌だったはずだ。そのスピードが相手のDFラインを押し下げ、スペースをつくり出したことでチームのパスワークはその効果をさらに高めていた。これで今大会は2試合で3得点。「自分でもびっくりしています。決定力ないので」と笑うが、「全国でもスピードが通用するのは分かりました」というFWは強敵相手でも自分の武器を発揮できていることを実感している。

 自分自身により自信を持ってプレーするようになった。一瞬のキレ味は今大会でもトップレベル。この日は相手の日本高校選抜MF鍬先祐弥に一発で突破を止められるシーンもあり、本人は「悔しい」と口にしていたが、全国トップレベルとの戦いの中でさらに自身を成長させる。「自分自身の目標は特にないですけど、チームに貢献できればいい。自分のプレーを出せればチームに貢献できると思う。相手にとって怖い選手になりたいです」。前橋商との関東勢対決でもゴールを決めてまた自信を深める。

(写真協力=高校サッカー年鑑)

最終更新:7月28日(木)23時40分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。