ここから本文です

スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入!「スーパーキャリイ」を発売

オートックワン 7/28(木) 11:34配信

スズキのインド子会社マルチ・スズキ社が、同社として初の小型商用車となる小型トラック「スーパーキャリイ」の生産・販売開始を発表。当初は販売地域をインドの3都市(ルディアナ、アーメダーバード、コルカタ)に限定して販売し、順次拡大していく。

このニュースのフォトギャラリー

小型トラック「スーパーキャリイ」は、2気筒800ccのディーゼルエンジンを搭載、広い荷台と取り回ししやすく安定性に優れた車体、長距離運転でも快適な広い室内を持ち、商用車としての実用的な使い勝手を高めた。

2015年度のインド商用車市場は約70万台の規模に達しており、マルチ・スズキ社では主力商品である乗用車およびMUV(Multi Utility Vehicle=多目的車)のラインナップに加え、小型商用車カテゴリーにも商品を投入し、インドのユーザーの需要に応えていく計画である。

なお、「スーパーキャリイ」はマルチ・スズキ社のハリヤナ州グルガオン工場で生産する。

最終更新:7/28(木) 11:34

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。