ここから本文です

ピアニストの中村紘子が逝去

CDジャーナル 7月29日(金)16時22分配信

 ピアニストの中村紘子(本名: 福田紘子)が、2016年7月26日午後(22:25)大腸がんのため自宅で逝去しました。享年72。中村紘子は2015年に大腸がんの診断を受けたことを公表、治療と演奏活動とを行なっていました。葬儀は、7月28日に近親者のみで執り行なわれました。

 中村紘子は早くから天才少女ピアニストとして注目され、1960年NHK交響楽団初の世界一周公演のソリストに抜擢されデビュー。ジュリアード音楽院留学を経て1965年に〈第7回ショパン・コンクール〉で入賞し、以後日本のピアニストの代名詞に。国内外のオーケストラとの共演、世界各国でのリサイタルなど、3,800回を超える演奏会を通じて聴衆を魅了しました。レコーディングも活発に行ない、1968年にソニー・レコードの専属第1号アーティストになって以来、50点余りの録音を残しました。文筆家としても知られ、著書「チャイコフスキー・コンクール - ピアニストが聴く現代」で〈大宅壮一ノンフィクション賞〉を受賞。2008年に紫綬褒章を受章したほか、翌年には日本芸術院賞・恩賜賞に選ばれました。

 1982年からは〈チャイコフスキー・コンクール〉〈ショパン・コンクール〉など数多くの国際コンクールの審査員、1994年から15年間にわたって〈浜松国際ピアノコンクール〉の審査委員長も歴任。“難民を助ける会”や日本赤十字などを通じてのボランティア活動にも積極的な役割を果たしました。デビュー50周年を迎えた2009 / 10年シーズンは80回を超える〈デビュー50周年記念コンサート〉を実施。2015年には東京交響楽団と36年連続37回目となる〈ニューイヤーコンサート〉に出演しました。病気と闘いながら、2016年4月には東京交響楽団とモーツァルトのピアノ協奏曲第24番を共演。5月8日に兵庫県洲本市(淡路島)で行なったリサイタルが最後の公の場での演奏でした。

 夫で芥川賞作家の庄司 薫は「誕生日(7月25日)をむかえる日も、このところみつけた、モーツァルトからラフマニノフまで、音色に新しい輝きを与える奏法を試すのだといって、興奮していました。ぼくも、それを聞きたいと熱望していました。残念です」とコメントしています。

 後日、お別れの会が執り行なわれる予定です。

最終更新:7月29日(金)16時22分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。