ここから本文です

<石原さとみ>庵野監督は「天才」 鮮やかワインレッドドレスで肩見せも

毎日キレイ 7月29日(金)14時1分配信

 女優の石原さとみさんが29日、東京都内で行われた映画「シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督・脚本、樋口真嗣監督・特技監督)の初日舞台あいさつに登場。米国大統領特使のカヨコ・アン・パタースン役を演じた石原さんは、「脚本を読み込んで」撮影に臨んだといい、「その緻密さ、知識欲をかき立てられて、何度も『庵野さんは天才だ』ってつぶやきながら読んでいました。庵野さんが描く女性キャラは強くて、カッコよくて、賢くて、つくづくこういう女性になりたいなって思いました」と語った。

【写真特集】大人っぽい石原さとみ…全身&バックショットも!

 この日、石原さんは肩をさりげなく露出した鮮やかなワインレッドのロングドレス姿で、「(映画では)血も出てこないし、子供も泣き叫ばない。中高生の課外授業の一つに(「シン・ゴジラ」鑑賞を)してほしい」とアピール。舞台あいさつには長谷川博己さん、竹野内豊さん、高良健吾さん、樋口監督も登場した。

 「シン・ゴジラ」は、「ゴジラ」シリーズの約12年ぶりとなる日本版新作。人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野さんが脚本と総監督、「進撃の巨人」の樋口さんが監督を務める。新たなゴジラの体長は118.5メートルで、これまで最大とされたハリウッド版「GODZILLA」(2014年、ギャレス・エドワーズ監督)の108メートルを10メートル上回るサイズも話題になっている。

最終更新:7月29日(金)16時53分

毎日キレイ