ここから本文です

沖縄代表の誇り胸に 中国総体開幕

沖縄タイムス 7月29日(金)5時4分配信

 【中国総体取材班】全国高校総合体育大会「2016情熱疾走 中国総体」の総合開会式が28日、岡山県のジップアリーナ岡山で行われ、高校生スポーツ最大の祭典が幕を開けた。県内からは26競技402人(先行開催のサッカーを除く)が出場する。
 開催5県を最後に、北から南の都道府県順に入場。 JAおきなわから届けられた鮮やかな黄色の花を手にした県選手団は旗手を務める那覇商ソフトテニス部の日高桃選手を先頭に、同競技に出場する12人の選手と役員が行進した。
 団長で県高校体育連盟の棚原秀則会長は「県代表の誇りを持って、悔いのない戦いをしてほしい」と選手たちにエールを贈った。
 第2日の29日、県勢は6競技に出場する。

最終更新:7月29日(金)5時4分

沖縄タイムス