ここから本文です

博報堂DYメディアパートナーズ、ブレインパッド、福島印刷、MAでDMを最適化する取り組みを開始

MarkeZine 7月29日(金)8時30分配信

博報堂DYメディアパートナーズ、ブレインパッド、福島印刷、MAでDMを最適化する取り組みを開始

画像

 博報堂DYメディアパートナーズ、ブレインパッド、福島印刷の3社は、マーケティングオートメーション(以下、MA)を活用し、顧客ごとにパーソナライズしたダイレクトメール(以下、DM)を自動発送する「バリアブルDM連携ソリューション」の提供を開始する。

 バリアブルDMとは顧客毎に異なる文面や画像を可変印刷したDMのことで、同ソリューションでは、Eメールの閲覧状況をMAツール「Probance Hyper Marketing(プロバンス・ハイパー・マーケティング)」にてモニタリングし、閲覧状況に応じてコンテンツを変えたバリアブルDMの自動発送を可能にしている。

 同取り組みは、博報堂DYメディアパートナーズが、マーケティングシナリオの策定をはじめとする全体のマーケティング戦略を立案し、「Probance Hyper Marketing」をはじめとする豊富なMA導入実績があるブレインパッドと、バリアブルDMに関する実績をもつ福島印刷が、MAおよびDM連携部分の構築を担当した。

最終更新:7月29日(金)8時30分

MarkeZine

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。