ここから本文です

苦境のジャンボ、貨物低迷響く ボーイング、747製造中止検討

Aviation Wire 7月29日(金)13時45分配信

 ボーイングは、747-8型機の受注が今後見込めない場合、製造中止を検討することを明らかにした。現地時間7月27日にSEC(米国証券取引委員会)へ提出した書類で言及した。航空貨物需要の世界的な低迷が、主力である貨物型の受注の苦戦につながっているほか、燃費が良く運航コストが抑えられる双発の大型機の台頭が、エンジンが4基あるジャンボを苦境に立たせている。

---記事の概要---
・主力は貨物型
・9月から月産0.5機
・新政府専用機は777

◆主力は貨物型

 747-8は「ジャンボ」の愛称で親しまれている747の最新型。旅客型の747-8「インターコンチネンタル」と貨物型の747-8Fがある。米GE製新型エンジンのGEnx-2Bを4基搭載しており、ボーイングでは新設計の主翼などと合わせて、従来の747-400と比較して燃費を改善し、騒音は30%軽減、二酸化炭素排出量は15%削減出来るとしている。初号機納入は2011年10月12日で、747-8Fがカーゴルックス航空(CLX/CV)へ引き渡された。

 今年6月末現在、計125機を受注。内訳は747-8が51機、747-8Fが74機と貨物型が上回っており、引き渡し済みの機体は747-8が41機、747-8Fは63機の計104機で、受注残はそれぞれ10機、11機の計21機となっている。

 英国で開かれたファンボロー航空ショー期間中の7月12日、ロシアのヴォルガ・ドニエプルグループが747-8Fを20機追加受注する意向を表明し、3カ月ぶりの受注を獲得できる見通しが立った。また、米空軍が2015年1月28日に、次期大統領専用機として747-8をベースにした機体を導入すると発表している。

◆9月から月産0.5機

 ボーイングは今年1月21日、航空貨物市場の需要鈍化より、747-8の減産を発表。生産レートを3月に月産1.3機を同1機に落とし、9月には同0.5機と段階的に減らしていく。

 7月27日にSECへ提出した書類で、ボーイングは「追加受注の獲得とコスト削減に向けて努力するが、受注できない場合は損失が増える可能性があり、747の製造を終了することは合理的」として、製造中止を検討する可能性を示唆した。

 ボーイングは7月12日に、民間航空機の需要について2016年から2035年までの20年間予測を発表。2015年6月発表の予測と比べて、4.1%(1570機)多い3万9620機を超える新造機の需要があるとした。このうち、747など大型ワイドボディー(400席以上)機の需要は、530機あるとの見方を示している。

 同じく20年間予測を発表した競合のエアバスは、3万3070機の新造機需要のうち、超大型機(450席以上)であるA380や747は、1480機の需要があると予測している。しかし、エアバスは7月12日にA380の減産を発表。現在の月産3機を2018年からは同1機に落とし、製造ラインを維持する方針だ。

◆新政府専用機は777

 世界の航空会社は、燃費の良い双発大型機を747の後継機として導入する傾向が強い。日本の航空会社で747-8を運航しているのは、747-8Fを10機発注済みの日本貨物航空(NCA/KZ)のみ。2012年7月25日に747-8Fの初号機(登録番号JA13KZ)を受領し、現在は8機運航している。

 NCAは2005年11月15日、ローンチカスタマーとして747-8Fを14機発注。このうち8機が確定発注で、6機をオプションとしていた。2007年3月にオプションの6機を確定発注に切り替えたが、2015年9月には6機のうち4機をキャンセルしている。事業環境が発注当時から変化したことにより、最終的な確定発注は10機となった。

 かつては100機以上の747を保有していた日本航空(JAL/JL、9201)も、2014年3月に国内最後の旅客型747を退役させた全日本空輸(ANA/NH)も、ともに777を後継機として導入している。この777の後継機としては、JALがエアバスの最新鋭機A350-1000、ANAが777の次世代機となる777Xを選定しており、747-8の旅客型を導入する日本の航空会社は現れていない。

 一方、日本へ乗り入れる航空会社では、ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)が2014年10月28日に、747-8を羽田-フランクフルト線に投入。日本初の旅客型747-8の就航となった。

 また、日本の政府専用機である747-400も、2019年度に2機の777-300ERに置き換えられ、747-8は当初から選に漏れていた。そして、ANAを傘下に持つANAホールディングス(9202)は3機のA380を発注したが、超大型機の市場への影響は限定的だ。

 燃費性能や運航コストが優れた双発の大型機により747の置き換えが進み、747-8やA380といったエンジンが4発の超大型機は、苦戦が続きそうだ。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:7月29日(金)14時8分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]