ここから本文です

青木裕子、出産後14キロのダイエットに成功 矢部のパパぶりも明かす

リアルライブ 7月29日(金)11時3分配信

 フリーアナウンサーの青木裕子が28日、代官山で期間限定オープンした「大人のジュースバー」のオープンイベントに出席。今年1月に第2子が誕生したが、イベントでは出産後の自身のスタイルについて14キロの減量に成功したことを報告。「14キロ増えて14キロ戻りました。長男に付き合って毎日公園にいったり、あとは食べ過ぎないように注意したり」とそのダイエットの秘訣も明かした。

 第2子出産後は夫でナインティナインの矢部浩之も洗濯など家事や育児を手伝ってくれるようになったと嬉しそうに話した青木。母として「子供がいると食生活にも気を遣います。野菜と果物多めの食事を心がけています。朝ごはんはみんなで食べるのが決まり。でもなかなかフルーツを出しても食べてくれないので(野菜や果物の)ジュースを飲んでくれる習慣があるといいなって思います」とこの日のイベントで紹介されたヘルシーな野菜や果物のジュースにも興味津々。

 子供たちはみな「パパが大好き」だといい、「男の子なので、パパとの遊びは楽しいみたいです」と矢部のパパぶりを紹介。「主人は子供たちにサッカーをやらせたいというのがあるみたいです。主人の理論は『スパルタでやっても伸びない』。(無理にしむけるのではなく)本人に好きにやらせるのが一番と考えているみたいです」と話したが、「お笑いの道へは?」と質問を受けると、「お笑いの道は本人がどうしてもやりたいと言わない限りは親として積極的にはすすめないです」ときっぱり。

 だが、「注目されるのが好きなタイプではあるのでもしかしたらという気はしています」と話すなど、子供たちの将来が話題に上がるといきいきとした表情を見せていた。

(取材・文:名鹿祥史)

最終更新:7月29日(金)11時3分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。