ここから本文です

『ソラニン』『パプリカ』ほか第2弾ラインナップ発表!「夜空と交差する森の映画祭」

cinemacafe.net 7月29日(金)12時23分配信

オールナイト開催の野外映画フェス「夜空と交差する森の映画祭2016」にて、先日発表された『アメリ』に引き続き、宮崎あおい×高良健吾主演で大ヒットした『ソラニン』、「時をかける少女」の原作者・筒井康隆の小説をアニメ化した故・今敏監督の名作『パプリカ』の上映が明らかになった。

【画像】「夜空と交差する森の映画祭」上映される作品

長編映画やインディペンデントの短編映画など、個性豊かな作品をオールナイトで楽しめる新たな野外映画フェスとして注目を集める「夜空と交差する森の映画祭2016」。夢(物語)と現実が入り混じる“ゆめうつつ”な世界をテーマにする今回、新たに発表になった第2弾ラインナップでは、メインステージにて上映される長編作品に『アメリ』に引き続く2作品が決定。

まず、浅野いにおの人気漫画を『くちびるに歌を』の三木孝浩監督が映画化した『ソラニン』(’10)は、「ASIAN KUNG-FU GENERATION」による主題歌の作詞を浅野氏が担当し、漫画作品中にも登場したことで話題。宮崎さんと高良さんのW主演で贈る本作は、夢を求め、夢を追う彼らの姿が一味違う“ゆめうつつ”となるはず。2作目は、『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』の今監督が手がけた『パプリカ』(’06)。主人公であるパプリカ/千葉敦子の声を演じるのは、林原めぐみ。本年のテーマである“ゆめうつつ”がまさに表現された、夢と現実の世界を行き交い、交差する作品となっている。

さらに、女子高生時代に「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」審査員特別賞を受賞した松本花奈監督の『僕もあの子も』、カリスマモデルのアリスムカイデが出演する千葉雛子監督の『H◎LE』など、新進気鋭の監督含むインディーズ短編映画17作品の上映も決定。

また、「森の映画祭」のYouTubeチャンネルでは、3代目広報レポーターの黒川千咲季が登場する「映ガールch Vol.1」が公開中。開催地である山梨県北杜市「べるが」にて撮影を行った現地レポートで、昨年の映像も織り込みながら各ステージの世界観を紹介している。

「夜空と交差する森の映画祭2016」は、山梨県北杜市白州・尾白の森名水公園「べるが」にて10月8日(土)オールナイト開催。

最終更新:7月29日(金)12時23分

cinemacafe.net