ここから本文です

五輪銅メダリストの清水がプロテスト合格 「村田より先に世界王者になる」

THE PAGE 7月29日(金)15時32分配信

 ロンドン五輪のボクシングバンタム級、銅メダリストの清水聡(30、大橋ジム)が29日、後楽園ホールでプロテストを受験、同じジムの前日本フェザー級王者の細野悟(32)とスパーリングテストを行い、B級ライセンスに合格した。清水は、9月4日にWB0世界Sフライ級王者、井上尚弥の前座カードで、韓国の国内王者を相手にプロデビュー戦を戦う。

 プロテストはペーパーと実戦の2種類があり、清水は同門の細野と3ラウンドのスパーを戦った。両者は、これまで、ジム内でマスボクシング程度で拳を交えたことはあったが、大橋会長に「ガチンコでいけ!」とハッパをかけられ、まさに真剣勝負。サウスポーの清水は、1m79cmもある長身を生かし、右のスピードのあるジャブで距離をとって細野をインサイドに入れさせない。体の位置をずらしながら左ストレートを放つなど、“30歳のルーキー”らしいテクニックを見せつける。プレッシャーを受けても体をうまく入れ替えてパンチを放った。まるでプロで何年もやっているかのような身のこなしである。

 3ラウンドに入って遠慮気味だった細野がようやく前に出たが、それも右のリードでいなしながら、細野にロープを背負わせて左ストレートを叩きこむと「おお!」と観戦していた他のプロテスト生から、どよめきの声をあがった。ただ、アマチュアの癖が抜けきれないのか、右のフックは、ナックルで打てず、ガードも含めたディフェンス技術は甘いため、パンチをもらう危険性は垣間見えた。それでも背が高い割に肉体の上下のバランスの良さが目を引き、まったく危なげない内容でプロテストを終えると、すぐさまB級ライセンス合格がJBCから発表された。

 合格証書を手にした清水は、「無事に受かってよかった。ほんと落ちなくて(笑)。お客さんはいないが、選手が見ているという独特の空間で緊張した」と、ほっとした表情を浮かべた。
 そしてプロアマの違いについて、「ボクシング自体の動きは一緒だが、ガードの位置であったり、長丁場のラウンドで休んだりと、オンオフの使いわけが大事になってくると思う。きょうは細野さんとやれたことですごく勉強になった。プロは巧みな選手が多いし対応力を身につけていきたい」と語った。

1/2ページ

最終更新:7月31日(日)9時34分

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]