ここから本文です

ジミー・ウォーカーが首位発進 松山は4打差21位

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月29日(金)8時42分配信

◇海外メジャー◇全米プロゴルフ選手権 初日◇バルタスロールGC(ニュージャージー州)◇7428yd(パー70)

今季最後のメジャー「全米プロ選手権」フォトギャラリー

今季のメジャー最終戦が開幕。初日に首位に立ったのは、6バーディ、1ボギーの5アンダー「65」で回ったジミー・ウォーカー。4アンダーの2位にエミリアーノ・グリージョ(アルゼンチン)、ロス・フィッシャー(イングランド)、マルティン・カイマー(ドイツ)の3選手が続いた。

日本勢は、松山英樹が1アンダー21位で最上位。池田勇太はイーブンパー36位、谷原秀人は1オーバー55位。2日目以降のプレーでは、そろって上位進出を狙える位置だ。156人が出場する今大会は、上位70位タイまでの選手が決勝ラウンドへ進出できる。

ほかの注目選手たちの状況はさまざまだ。「全英オープン」を制したヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は3アンダー5位、ディフェンディングチャンピオンで世界ランク1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)は2アンダー9位と上々の滑り出し。

ジョーダン・スピースとアダム・スコット(オーストラリア)はイーブンパー36位、ダニー・ウィレット(イングランド)は1オーバー55位、ロリー・マキロイ(北アイルランド)は4オーバー120位、ダスティン・ジョンソンは、7オーバー143位。アンダーパーを記録した35選手のうち、25選手が天候の穏やかだった午前組で回ったとあって、ビッグネームたちにとっても波乱に満ちた初日となった。

最終更新:8月1日(月)14時24分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)