ここから本文です

北川景子が法医学ミステリー「ヒポクラテスの誓い」に主演!白衣姿も初披露

映画.com 7月29日(金)8時0分配信

 [映画.com ニュース] 女優の北川景子が、中山七里氏の推理小説を原作としたWOWOWの「連続ドラマW ヒポクラテスの誓い」に主演していることがわかった。法医学教室で学ぶ研修医役で、医療機関を舞台にしたドラマに初挑戦する。さらに、北川の白衣姿も初披露された。

【フォトギャラリー】「連続ドラマW ヒポクラテスの誓い」場面写真

 本作は、法医学の世界に足を踏み入れた女性研修医の成長とスリリングな推理劇を描く。研修医の栂野真琴は、尊敬する内科医・津久場公人教授の勧めで、光崎藤次郎教授の法医学教室を訪ねる。警察の指示を無視して解剖を行うなど、光崎の強引なやり方に反発する真琴だったが、人間の生死に関わる人々の葛藤や苦悩を目の当たりにするなかで、心が揺らぎ始める。

 キャストは真琴役の北川をはじめ、光崎を柴田恭兵、光崎の腕を信頼する刑事・古手川和也を尾上松也が担当。さらに津久場を古谷一行、光崎の助手の樫山輝を濱田マリ、真琴の親友・柏木裕子を佐藤めぐみ、真琴の同僚・梶原英雄を相島一之が担うなど、多彩な顔ぶれが結集している。

 WOWOW連続ドラマ初主演となる北川は、「以前から出演させていただきたいと思っていたので、出演が決まった時はとても嬉しかったです。この作品は医療に関する作品でありながら、1人1人のキャラクターが人の生死と向き合い、成長していく人間ドラマでもありますので、幅広い方々に共感していただけるのではと思いました」と喜びを語る。そして「医療や病院が舞台の作品は初めてだったので私自身にとって、すごく新しい挑戦になりました。研究医の真琴が医者として人として成長していく様を丁寧に描こうと思いました」と振り返った。

 「連続ドラマW ヒポクラテスの誓い」は、10月2日から毎週日曜午後10時放送。

最終更新:7月29日(金)8時0分

映画.com

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。