ここから本文です

【巌流島】元バレーフランス代表ガブリエル、パンチでKO宣言

イーファイト 7月29日(金)20時0分配信

 7月31日(日)東京・有明コロシアムで開催される新異種格闘技「巌流島」の第4回大会『巌流島 WAY OF THE SAMURAI公開検証Final』の出場選手個別インタビューが、7月29日(金)都内にて行われた。

【フォト】ガブリエルと対戦する元大相撲の海鵬

 第4試合で対戦するバレーボールの元フランス代表選手ガブリエル(コンゴ)と海鵬(大相撲)。

 ガブリエルは身長193cm、体重93kgの35歳。格闘技をK-1でも活躍したベルナール・アッカの元で習い、マネージャーはタレントのボビー・オロゴンが務める。現在は日本に在住してモデル・タレント活動をしている傍ら、格闘技にも取り組み、試合に向けてGRABAKAや六本木のボディプラントで練習してきたという。 

 フランスのバレーの連盟から認められて13歳のときにはプロのバレーボーラーとなり、格闘技はブルース・リーの影響を受けて14歳からキックを学んでいたという。「バレーの構えはMMAの構えに通じるものがある。瞬発力はバレーで鍛えたものがあるのでMMAに活きていると思う」とコメント。

 2014年9月のシュートボクシングに参戦したキャリアを持っており、「パンチが得意なのでKOを狙いたい」という。海鵬については「自分は相手のことを研究するようなことはしない。人は成長するので、試合映像は過去のこと。相手が相撲出身ということだけを気にしていて、どう戦うかだけを考えている。押す力は海鵬の方にあると思うが、自分は足のパワーでは負けない」とした。

 一方、今回が2度目の巌流島参戦となる海鵬は、現在極真空手の道場や日本大学相撲部での練習を積んでいる。「ここまで来たらやるしかない。相手は手足が長いので中に入っていき、相撲の強さを見せたい」と意気込みを語った。

最終更新:7月29日(金)20時0分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]