ここから本文です

【ムエマラソン】本命ペットモラコットがKO勝ちで優勝、2連覇達成

イーファイト 7月29日(金)23時33分配信

「TOYOTA Hilux Revo Superchamp in Japan」(7月29日 東京・ディファ有明)

【フォト】長いリーチで圧倒するペットモラコット

▼第10試合 TOYOTA -65kgトーナメント決勝戦
○ペットモラコット・ウォーサンプラパイ(タイ/現プロムエタイ協会ライト級王者)
TKO 2R 32秒 ※右ストレート
●シーラリット・チョー・サムピーノン(タイ/MAX MUAYTHAIウェルター級王者)
※ペットモラコットがトーナメント優勝。

 1995年からタイのTOYOTAが冠スポンサーとなって開催されている賞金トーナメント、通称「ムエマラソン」が日本初上陸。約2時間半の間に1回戦から決勝戦まで行う8人トーナメントはまさに“マラソン”と呼ぶに相応しい過酷なトーナメントだ。

 タイのメインイベンター4選手と日本の各団体王者4選手(日本人選手には+2kgのハンデが与えられ-67kg契約)が参戦。試合直前の抽選でトーナメントが決まり、1回戦はいずれもタイvs日本の組み合わせとなった。

 決勝戦へ上がって来たのは、優勝候補本命のペットモラコットと、卓越したテクニックを見せたMAX MUAYTHAIウェルター級王者シーラリット。ペットモラコットは昨年のムエマラソンでも優勝している。

 1R、お互いにジャブと前蹴りで距離をとり、シーラリットは右ミドル、ペットモラコットは左ミドル。長いリーチを誇るペットモラコットがジャブを巧みにヒットさせていく。首相撲では高い位置でヒザを当てるペットモラコットが有利か。

 2R、首相撲に持ち込んだペットモラコットがヒザを何度も当てる。ロープ際に追い込んだところでペットモラコットがストレートを連打。

 顔面に意識を集中させて左ボディストレートを突き刺し、続く右ストレートが顔面にヒット。シーラリットはダウンしてそのまま立ち上がれず、優勝候補本命のペットモラコットがトーナメントを制して昨年に続く2連覇を達成した。優勝賞金100万円も手にした。

最終更新:7月29日(金)23時33分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]