ここから本文です

「沖縄基地問題共有を」 全国知事会が研究会設置 沖縄県が要望

琉球新報 7月29日(金)11時23分配信

 【福岡県で当銘寿夫】全国知事会議が29日午前、福岡市で開かれ、沖縄の基地負担軽減を議論する研究会を設置することが全会一致で了承された。事務局によると、全国知事会内に沖縄に関する研究会が設置されるのは初めて。翁長雄志知事は「各種主要選挙で辺野古新基地反対の民意が示されているにも関わらず、政府は一顧だにしない状況が続いている。わがこととして真剣に考えてもらいたい」と呼び掛けた。
 設置提案に対し「基地負担が沖縄県だけに偏って、沖縄県民の人権がないがしろにされている現状を知事会で共有することが必要だ」(三日月大造滋賀県知事)、「不平等条約とも言える日米地位協定の改正が必要だ」(川勝平太静岡県知事)ら5府県の知事が賛意を述べた。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:7月29日(金)11時23分

琉球新報