ここから本文です

「MIRAI」の燃料電池セルを搭載、FCフォークリフトがついに市場へ

スマートジャパン 7月29日(金)6時40分配信

 豊田自動織機とトヨタL&Fカンパニーは2016年7月26日、積載量2.5トンの燃料電池(FC)フォークリフトの販売を2016年秋から販売すると発表した。FCフォークリフトの市販は日本初だという(図1)。

 豊田自動織機は豊田合成の北九州工場(2012年12月~2014年3月)、関西国際空港(2015年2月~)、山口県の周南市地方卸売市場(2015年10月~)などの実証実験を通じ、水素と燃料電池で駆動するFCフォークリフトの導入によるCO2削減効果などの検証と、市場投入に向けた開発を進めてきた。

 2016年秋から市販するFCフォークリフトはトヨタ自動車の燃料電池自動車「MIRAI」と同じ燃料電池セルを搭載し、発電効率を高めたフォークリフト専用FCシステムを搭載している。

 水素タンクには35MPa(メガパスカル)の圧力で水素を充填(じゅうてん)し、最大1.2キログラムを搭載できる。充填時間は約3分で、約8時間が稼働の目安となる。連続運転も可能だという。AC100V(ボルト)対応のコンセントも備え、電動工具用の電源や非常用電源としても活用できる。

 価格は税別1400万円。なお、FCフォークリフトの購入に際しては、環境省・国土交通省連携事業である「水素社会実現に向けた産業車両の燃料電池化促進事業」により、2016~2018年度の間は同クラスのエンジン車との価格差の半額が補助される。

最終更新:7月29日(金)6時40分

スマートジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]