ここから本文です

【アイビスSD】ネロ好時計!得意舞台で重賞初Vへ

デイリースポーツ 7月29日(金)6時59分配信

 「アイビスSD・G3」(31日、新潟)

 坂路の鬼らしく、余力十分に好タイムをたたき出した。ネロは28日、栗東坂路を駆け上がり、4F50秒5-36秒9-12秒1をマーク。高野助手は「毎週ビッシリやっていたのできょうは馬なりでしたが、時計も出ていて良かった。前走時よりも体の張りとか、全体的に良くなっている」と万全の態勢をアピールした。

 仕上がりの良さに加え、実績も後押しする。千直の舞台は〈2・2・0・0〉。前走の韋駄天Sは休み明けにもかかわらず、トップハンデを背負って2着に粘った。「57・5キロであそこまで頑張ってくれましたからね」と好走をたたえる。

 重賞で相手はそろうが、その分、別定の56キロは歓迎だ。「斤量のマイナスは助かりますね。同型の馬がたくさんいますが、得意の条件だし、できれば外枠で真っすぐ走れれば」。自慢のスピードで重賞初制覇といきたい。

最終更新:7月29日(金)7時41分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。