ここから本文です

【ムエマラソン】超強豪サムエーが日本初見参、伝説の強さでTKO勝ち

イーファイト 7月29日(金)23時50分配信

「TOYOTA Hilux Revo Superchamp in Japan」(7月29日 東京・ディファ有明)

【フォト】サムエーの足払いで平野の身体が宙に浮く

▼第9試合 スーパーファイト 60kg契約 3分3R
○サムエー・ガイヤーンハーダオ(タイ/2015年TOYOTAトーナメントフェザー級優勝)
TKO 3R 41秒 ※左ヒジ打ち
●甲野裕也(裕・センチャイジム/センチャイムエタイジム/元NJKFスーパーバンタム級王者)

 2011年ムエタイMVPで“左ミドルの達人”サムエーがファン待望の初来日。サムエーはルンピニースタジアム認定スーパーバンタム級とスーパーフライ級の2階級、ムエタイ協会スーパーバンタム級とスーパーフライ級とフェザー級の3階級を制覇した実績を持つほか、2015年TOYOTAムエマラソン・トーナメントを制覇。戦績は124戦100勝22敗2分。

 この超強豪に挑む甲野は、裕・センチャイジムのリングネームで初代NJKFスーパーバンタム級王座を獲得。パワーのある蹴りを誇る選手だ。

 1R、サウスポーのサムエーはジリジリと間合いを詰めて左ミドル。左ヒジと左ストレートも放っていく。コーナーに詰めてのヒジに裕は防戦一方。

 2R、サムエーが左ミドルを中心に左ロー、左ストレートで攻め、裕がコーナーに詰まって脱出できず右ミドルを蹴り返す展開。裕は左足払いで転倒させられ、左ミドルを何度ももらって圧倒される。

 3R、左足払いからすぐに左ミドルを蹴るサムエー。左ストレート、左ヒジでコーナーへ追い込んでいき、狙いすました左ヒジをアゴヘ直撃。裕はバッタリと倒れ、レフェリーはカウントを途中で止めてサムエーのTKO勝ちを宣言した。

最終更新:7月29日(金)23時50分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]