ここから本文です

巨人・菅野が初の屈辱 同一選手1試合2被弾 高校大学の同級生・田中に…

デイリースポーツ 7月29日(金)6時59分配信

 「巨人0-4広島」(28日、京セラドーム大阪)

 力投は報われなかった。巨人・菅野智之投手が2被弾に泣き、5敗目。首位・広島とのゲーム差は10に開いた。東海大相模、東海大で同級生の田中に2打席連発を食らい、「広島ではあいつに絶対に打たれたくないと思っているんですが…」と唇をかんだ。

 三回2死。田中にスライダーを右翼席に運ばれ、先制ソロを被弾。イニング間には、ベンチにグラブをたたきつけて悔しさを爆発させた。六回には再び田中に153キロを打たれ、2打席連発のソロ。同一選手に1試合2被弾は、4年目で初めて味わう屈辱だった。

 広島との直接対決で、中5日でのエース投入。菅野も期待に応えようと、初回から150キロ超えを連発した。結果は7回3安打2失点。責められない内容だが、高橋監督は「菅野にしてはもったいない」と、痛恨の2発を振り返った。

 次回登板は8月5日の広島戦が有力。菅野は「来週またあるので。やり返したい」と誓った。エースで確実に白星を稼がない限り、大逆転優勝など夢物語で終わってしまう。

最終更新:7月29日(金)7時13分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報