ここから本文です

東尾理子さんに学ぶ!夫が急に夢を語りだした時の対処法

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月29日(金)16時37分配信

都知事出馬騒動を乗り越えた東尾理子さんに学ぶ!「独立したい」「店を出したい」など夫が夢を語りだした時の対処法とは?

【詳細】他の写真はこちら

間もなく都知事選!石田純一さんの突然の出馬表明⇒断念までの騒動
突然の出馬表明会見から、その3日後には出馬を断念した石田純一さんの都知事選出馬騒動。仕事先のスポンサー企業やテレビ番組関係者はもちろんのこと、妻である東尾理子さんにもあまり相談のないままの出馬表明であったことから、理子さんは自身のブログで「私個人としましては、出馬しない事を願っております。」とコメント。出馬断念を発表した7月11日には、「お詫び」というタイトルで「主人が皆様をお騒がせするだけの形となり、大変申し訳ございませんでした」との謝罪文をアップしていました。
都知事選は間もなく投票日を迎えます。家族も仕事先も改めてほっと胸をなでおろしているのではないでしょうか。

男は急に夢を語り出すことがある!
妻に何の相談もなく夢に向かって走り出すのは、何も石田さんに限ったことではありません。子どもを持ち、地に足をつけて現実的に着実に歩もうとする妻を尻目に、いきなり夢を語りだす夫は多いのだとか。出馬!とはいかなくとも、「蕎麦の店を出したい」「独立して会社を起こしたい」はたまた「小説家を目指そうと思う」など、いきなり夫が夢を語りだした時、妻はどう向かい合えばいいのでしょうか?

冷静に現状と自分の気持ちを伝えること、相手を尊重すること
正直なところ、今回の石田さんのケースがもし自分に起きたことだったら「いいかげんにせえよ!」とブチ切れ、罵ってしまいそうなところです。けれど、理子さんのブログの文章はいたって冷静。「(出馬)しないことを願っております」という言葉にも、そんな理子さんの控えめな気持ちが表れています。また、出馬断念後のブログにも「主人なりに真剣に考え決断した思いを受け入れ、そしてそんな夫をこれからも家族で支えて行こうと思います」という、優しい言葉が綴られています。
夢を語り出した男に「ダメ!」と頭ごなしに反対しても、意地になってしまうだけ。優しく受け止めつつ、冷静に現状を伝えることで相手も冷静にさせることができるのだということを、理子さんの対応で学べます。

石田さんに「夏バテ?」と聞かれ、「いや、石田純一病」と返したというお茶目な理子さん。夫をうまく操縦する賢妻ぶりを見習いたいものです。

最終更新:8月1日(月)14時36分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。