ここから本文です

Windows 10無料アップグレードは本日終了 明日からどうなる?

ITmedia PC USER 7月29日(金)0時40分配信

 2016年7月29日、Windows 7/8.1からWindows 10への無料アップグレードキャンペーン期間が終了する。7月29日の23時59分までにWindows 10のインストールが完了し、「ようこそ」画面の表示まで進んでいない場合、無料アップグレードは行えなくなり、有料版の購入が必要だ。

【画像】物議を醸したWindows 10無料更新アプリ

 無料アップグレードは、UTC-10(ハワイ標準時)の7月29日23時59分まで提供される予定。日本との時差はマイナス19時間あるが、日本マイクロソフトは余裕を持ったアップグレードを推奨している。

 無料アップグレードキャンペーン期間終了までにWindows 7/8.1搭載PC(あるいはタブレット)をWindows 10へ移行したい場合、タスクトレイの「Windows 10を入手する(Get Windows 10:GWX)」アプリやWindows UpdateからWindows 10をアップグレードインストールできる。

 なお、無料アップグレード期間中にWindows 10へアップグレードしておくと、1カ月以内ならばWindows 7/8.1の環境に戻せるほか、仮に戻して2016年7月29日を過ぎてしまっても、後から好きなタイミングでWindows 10に無料アップグレードが行える。そのため、一度アップグレードしてからWindows 7/8.1に戻してしばらく使い続け、いつでもWindows 10に無料で移行できる環境を作っておくという選択肢もある。

 一度Windows 10にアップグレードした環境をWindows 7/8.1にダウングレードした後、再度Windows 10をアップグレードインストールしてもよいが、この作業を行うとWindows 7/8.1のライセンス認証がWindows 10でも通るようになり、Windows 10をクリーンインストールしても、自動的にライセンス認証済みの状態で利用できる。

 Microsoftは公式サイトに「メディア作成ツール(Media Creation Tool)」を用意しており、これをダウンロードすれば、Windows 10をアップグレードもしくはクリーンインストールできるUSBメモリまたはDVD(ISOファイル)を作成可能だ。

 Windows 10のアップグレード対象となるPC本体が、実際に同OSで動作するかは、GWXアプリの「互換性レポート」で簡単に確認できる。ただし、これはMicrosoftによる判定であり、PC本体や周辺機器、ソフトウェアのメーカーがWindows 10での動作をサポートしているかは、別途確認する必要がある。

 Windows 10に対応していない古いハードウェアやソフトウェアが、アップグレード後に動作しなかったり、不具合を引き起こしたりする可能性もあるので注意が必要だ。これらの互換性情報はメーカー各社が公開している。

●Windows 10の導入メリットとサポート期限

 Windows 10は、Windows 7/8.1のイイトコ取りと言えるようなOSだ。Windows 8.xで省かれたスタートメニューが完全復活しており、Windows 7からWindows 8.xに乗り換えるより、Windows 7からWindows 10に乗り換えた方が違和感は少ない。

 また、仮想デスクトップ、Windowsストアアプリのウィンドウモード表示、通知と設定を集約したアクションセンター、音声対応パーソナルアシスタントの「Cortana」、モダンなWebブラウザ「Edge」、高速な起動やスリープ移行など、Windows 10で加わった新機能や、強化されたセキュリティを享受できるメリットもある。

 そしてWindows 10導入のメリットで大きいのがサポート期限の延長だ。Windows 7は2020年1月14日、Windows 8~8.1は2023年1月10日にサポートが終了し、以後はセキュリティ更新プログラムが提供されなくなることから情報漏えいなどのリスクが増大するが、Windows 10は現状で2025年10月14日までサポートが受けられる。

 ただし、Skylakeこと第6世代Core搭載PCの場合、Windows 7/8.1のサポート期間は2018年7月17日までとなる(全ての緊急のセキュリティ更新プログラムは、他のWindows 7/8.1搭載製品と同じサポート期限まで提供される)。

 また、Skyleke後に投入されるIntelのKaby Lake(第7世代Core)、Qualcommの8996(Snapdragon 820)、AMDのBristol Ridgeといった次期プロセッサは、Windows 10のみがサポート対象OSとなる予定だ。つまり、今後新プロセッサ搭載のWindowsデバイスを購入する場合、OSはWindows 10に限られることとなる。

●無料アップグレード期限が過ぎたらどうなる?

 無料アップグレードキャンペーン期間終了後はWindows 10が有料となる。Microsoft Storeでの直販価格は、Windows 10 Homeが1万9008円、Windows 10 Proが2万7864円(いずれも税込)だ。従来のWindows OSにあった割引価格のアップグレード版は販売されない。

 また、米Microsoftは一部企業向けにWindows 10 Enterpriseを月額7ドル(約730円)、年間84ドル(約8760円)で利用可能なサブスクリプションモデル「Windows 10 Enterprise E3」を2016年秋に投入する(日本での展開は未定)。

 7月30日以降は一般ユーザーのOS移行ペースが鈍化するが、今後は企業導入やPC新規購入に伴うOS世代交代でWindows 10のシェアは次第に伸びていくとみられる。

 Windows 7/8.1のタスクトレイに常駐し、Windows 10へのアップグレード告知やインストール予約などを行っていたGWXアプリは、7月30日以降の更新プログラムにより自動で削除される見込みだ。かなり強引なアップグレード手法が物議を醸したWindows 10だが、無料提供のかいあって、過去のWindows OSより早いペースで普及している。2016年7月現在、累計3億5000台以上のデバイスでWindows 10が動作しているという。

 ただし、当初掲げられた「2018年度までに10億台」という目標は、達成が難しい状況だ。その主因はスマートフォン向けWindows 10 Mobileの成長鈍化にあるとみられる。

 なお、Windows 10にアップグレードしたユーザーに対しては、2016年8月2日に大規模な大型アップデート「Anniversary Update(開発コード名:Redstone 1)」が無料で配信される。2015年11月に配信された「November Update」に続く、Windows 10で2回目の大型アップデートだ。

 Anniversary Updateでは、ノートや付箋の作成など、ペンを使った手書き機能「Windows Ink」の実装、CortanaやEdgeの機能拡張、セキュリティ関連のアップデートなど、多数の新機能や改善が行われる。

最終更新:7月29日(金)13時0分

ITmedia PC USER