ここから本文です

たとえ無風でも“風”を感じる女 金田久美子が首位発進

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月29日(金)18時44分配信

国内女子ツアー「大東建託・いい部屋ネットレディス」初日、金田久美子が1イーグル4バーディ、2ボギーの「68」でプレーして4アンダーとし、2013年6月の「ニチレイレディス」以来、3年ぶりの首位発進を決めた。

スタイル抜群!金田久美子のフォトギャラリー

昨年は最終日に大会コースレコードの「64」を記録して4位。「良いイメージのコース」とあって、4番では残り106ydから48度のウェッジで放った第2打を直接カップインさせてイーグルを奪ったほか、4つのバーディでリーダーボード上位に名を連ねた。

「きのう3~4年ぶりに感覚のいいショットが打てた。打ちたい弾道で、打ちたい方向に打てている」。ショットの好不調が成績を左右する現状を打破しようと、考え抜いた末にたどりついた発見があった。「私は風が強い日にショットがいい」ということに気づいたという。

「風があると、(身体が風に煽られないように)重心を下げるようなイメージで、体幹で打てている」が、その発見を基にした自己分析だ。今年の試合を振り返ってみたところ、強風で大会最終日が中止となった5月の「リゾートトラストレディス」でも、「ピン筋を捕らえるようなショットが打てていた」と、過去の好成績にもこの発見を裏付けるデータが見つかった。

この日は晴天で風速2m/sの穏やかな気候。気象観測で用いられる風力階級表によると、その風は「顔に風を感じる。木の葉が動く。風見も動きだす」程度とされる。ただ金田はこの日、やけに具体的な「風速6m/s」の世界でゴルフをしていたらしい。同じ階級表によれば、「砂埃がたち、紙片が舞い上がる。小枝が動く」レベルの風速設定だ。

ゴルフ場だとピンフラッグが音を立ててはためく風の想定で、「ドシッと構えるイメージ。今週は風が吹いていると思ってプレーしたら、良いスイングができた」と好スコアを生み出した。

今季は4月の「スタジオアリス女子オープン」での8位が最高位で、ツアー初優勝の2011年4月「フジサンケイクラシック」から5年以上の月日が経った。2勝目を「早くしたい」という気持ちはあるが、優勝争いにからめていない現実も受け止め、決して焦りはない。

「(優勝争いに)慣れていないし、今は一打一打集中することが大事。あしたも良いゴルフをして、最終日に楽しくプレーできればいい」。つかんだ手応えを確かなものとするため、風のように練習場へと向かった。(山梨県鳴沢村/糸井順子)

最終更新:7月29日(金)19時25分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]