ここから本文です

<東京都知事選>立候補者の1日ルポ ── 増田寛也候補(後編)

THE PAGE 7月31日(日)20時0分配信

 選挙期間中、増田氏は街頭演説とともに個人演説会も開催する。午前11時から新宿の京王プラザホテルで開かれた「増田ひろや 杉並大演説会」では、「都政に対する信頼を回復できるのは、行政経験が豊富で誰からも信頼されている増田寛也さんです」と訴える安倍晋三首相の応援メッセージが場内に流されたほか、自民党の杉並区議、東京都議、今井絵理子参議院議員ら国会議員も応援演説に駆けつけた。

 茂木敏充選対委員長は「3日で政策が作れるという候補者がいますが、残り3日でまだでてこない」などと鳥越俊太郎氏を批判し、「大きな都政を動かすには1人ではできないんです。『劇団ひとり』ではダメなんです。今回も『女劇団ひとり』が出ていますが」などと小池百合子氏をいじって場内を沸かせた。

 石原伸晃経済再生相は、「われわれは決して分裂していません。一丸となって増田寛也さんを応援しています」と述べるとともに、民主的なプロセスで増田氏の推薦が決まった点を強調した。

 応援演説が続くこと約70分。ようやく登場した増田氏による10分強の演説が終わると、会はほどなく終了した。杉並区からきた会社員(73)は、「演説の内容は悪くないが、ちょっと短いね。あと、話が堅くて肩がこった。他の応援演説の人のように笑いがないと」などと手厳しかった。

 なお、演説会の最中、参加者には赤いはちまきが配られていた。「百合子グリーン」に対して、「寛也レッド」なのか、と思いきや、実は石原伸晃氏が応援のために用意したはちまき。赤は情熱を意味するらしい。「伸晃レッド」というわけか。

 午後2時20分過ぎからは、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に生出演。安藤優子キャスターは、前日の増田氏陣営の集会で、石原慎太郎氏が小池氏を「大年増の厚化粧」などと揶揄した件に怒っており、「一女性として頭にきたが、どう思ったか」と質問。これに対し、増田氏は「目の前の皆さんの気持ちをどうつかもうかと考えていた」と、必死に考えていてそれどころではなかった旨を伝えようとしていた。

 フジテレビが放映した集会の映像では、石原氏の発言の際、増田氏は笑っていた。その表情を見て、「会議の席で社長がつまらない冗談を言った際、面白くないのに空気を読んで笑う会社員」を思い浮かべた。会社勤めの経験がある人なら、たいていは同じリアクションをした覚えがあるのではないか。

1/2ページ

最終更新:7月31日(日)20時0分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。