ここから本文です

映画「仁川上陸作戦」、”実話が与える感動”で観客に好評

WoW!Korea 7月29日(金)11時24分配信

実話を基に描かれた「仁川上陸作戦」が、「釜山行き」の”ライバル”に浮上し、劇場を熱くしている。実話が与える感動が、観客に好評を得ている。

イ・ジョンジェのプロフィールと写真

 29日、映画振興委員会映画館入場券ネットワークの集計によると、「仁川上陸作戦」は去る28日、902のスクリーンで35万4537人を動員。ボックスオフィス1位を記録し、累積観客数は83万1510人となった。

 同作品は、ハリウッド俳優リーアム・ニーソンのキャスティングで話題を集め、ここに俳優イ・ジョンジェ、イ・ボムス、パク・チョルミン、チョン・ジュノらが合流しながら華麗なラインナップを完成。

 ストーリーは、5000:1の成功確率、戦争の歴史を変えた仁川上陸作戦を成功させるため、すべてをかけた英雄たちの隠された真実を描いた。
 
 映画関係者は「メディア試写会後、全く予想していなかった雰囲気だった」とし、「我々の目的は、隠された英雄たちのストーリーを知らせ、実話がもたらす感動が明確だという点。観客たちが、それを理解してくれて感謝する」と語った。

最終更新:7月29日(金)11時24分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。