ここから本文です

D・バリモア×T・コレットの友情物語11月公開!日本版テーマソングに平原綾香

映画.com 7月29日(金)13時30分配信

 [映画.com ニュース] ドリュー・バリモアとトニ・コレットが長年の親友同士を演じる「マイ・ベスト・フレンド」が、11月に公開される。このほど、日本版テーマソングが平原綾香の「STAR」に決定し、同楽曲が流れる特報と、バリモアとコレットの仲睦まじい様子を切り取ったポスター画像がお披露目された。

【動画】「マイ・ベスト・フレンド」特報

 映画は、不変の友情を築いてきたと思っていたふたりの女性の葛藤と絆を描く。幼い頃からの大親友で、互いのすべてを知っているジェス(バリモア)とミリー(コレット)だったが、ある時、ミリーに乳がんが見つかり、同じころジェスの妊娠が発覚する。不妊治療を続けてきたジェスは喜びを分かち合いたいが、がんと闘うミリーを思うと打ち明けることができない。

 同作をひと足先に鑑賞した平原は、「『マイ・ベスト・フレンド』は30代で見た映画のなかで、1番好きな映画になりました」と大絶賛。テーマソングに自身が作詞を手掛けた「STAR」が選ばれたことに歓喜し、「まさにミリーとジェスのふたりの友情が描かれているようで、この映画にぴったりの曲になったと思います。照れくさくて今まで言えなかった分の『ありがとう』を伝えられる曲です」とコメントを寄せている。

 特報では、「STAR」にのせて、妊娠した喜びを爆発させるジェス、乳がんの告知を受けて呆然とするミリー、そして幼い頃のふたりの姿が映し出される。ポスターは、「あなたがいない明日を、あなたがくれた強さで生きる」とのコピーが添えられ、切ない展開を予想させる仕上がりとなっている。

 「マイ・ベスト・フレンド」は、「トワイライト 初恋」などのキャサリン・ハードウィック監督がメガホンをとった。11月18日から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開。

最終更新:7月29日(金)13時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。