ここから本文です

伊藤忠食品社長賞 「郡商カレー」 県産品の風評払拭に貢献 商業高フードグランプリ本選

福島民報 7月29日(金)10時6分配信

 商業高校フードグランプリ2016の本選は27、28の両日、大阪市のインテックス大阪で開かれ、福島県郡山市の郡山商高の「郡商カレー」が伊藤忠食品社長賞に輝いた。大賞1校、審査員特別賞3校に次ぐ賞となる。
 本選には予選審査を通過した10校10品が出品された。「郡商カレー」は昨年度の3年生が県産食材の風評払拭(ふっしょく)、食の安全発信、地域活性化を願って開発した。郡山ブランド野菜など地元食材を使用して県内外で販売し、好評を得た。
 県内からの本選出場は初めてで、商業研究部調査研究班の浜津姫歌さん(情報処理科2年)、吉田茉美さん(同)、小林千夏さん(同)が「郡商カレー」の魅力をアピールした。復興への熱い思いが伝わったと審査員から高く評価された。
 引率の鈴木政直教諭は「良い経験になった。次の販売実習や研究発表大会につなげたい」と成果を語った。
 フードグランプリは伊藤忠食品(本社・大阪市)が平成25年から実施しており今年で4回目。予選には全国27校から41品の応募があった。

福島民報社

最終更新:7月29日(金)12時5分

福島民報