ここから本文です

メルテザッカー離脱のアーセナル、ムスタフィ獲得目指し交渉中

ISM 7月29日(金)17時20分配信

 アーセナル(イングランド)が、バレンシア(スペイン)のドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ(24)の獲得を目指し、交渉中のようだ。『スカイドイツ』の報道をもとに、英『スカイスポーツ』が現地時間28日に伝えている。

 それによれば、現時点でアーセナルは正式なオファーを提示はしていない。ムスタフィの契約解除金は4210万ポンド(約57億4000万円)だが、『スカイ・ドイツ』は、2530万ポンド(約34億4000万円)と840万ポンド(約11億4000万円)のインセンティブで獲得可能かもしれないと伝えている。

 ドイツ代表としてEURO2016に臨んだムスタフィは、休暇を終えて28日にチームに合流し初練習を行なった。代理人はバレンシアと移籍金について交渉するためスペインを訪れる予定となっている。

 アーセナルではDFペル・メルテザッカーが長期離脱となっており、アルセーヌ・ヴェンゲル監督も前週にCB獲得の必要性を認めていた。

 エヴァートン(イングランド)アカデミー出身のムスタフィは、同クラブのトップチームではインパクトを残せず2012年に退団。サンプドリア(イタリア)を経て14年にバレンシアに加入し、リーガ・エスパニョーラ60試合以上に出場。同年にドイツ代表デビューを果たし、EURO2016でも好印象を残した。

最終更新:7月29日(金)17時20分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]