ここから本文です

爆音2分間に4回 コンビニガラス窓激しく揺れ 米軍シュワブ

琉球新報 7月29日(金)13時6分配信

 【名護】28日、米軍キャンプ・シュワブの廃弾処理場から爆発音が繰り返し鳴り響き、名護市の豊原区で午後2時39分から同41分までの約2分間で100デシベル前後の騒音が4回続いた。住民から市への苦情が相次いだ。周辺のコンビニではガラス窓が激しく揺れ、利用客や店員が驚いていた。


 豊原区では午後2時39分6秒に100・5デシベル、同39分50秒に99・5デシベル、同40分に100・7デシベル、同41分に99・1デシベルなどを記録した。近くのコンビニで2年以上働く店員は「こんな大きな爆音は初めて聞いた」と驚いた。

琉球新報社

最終更新:7月29日(金)13時6分

琉球新報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。