ここから本文です

関東一“先輩オコエ”の助言で森川決めた!延長サヨナラで逆転甲子園切符

デイリースポーツ 7月29日(金)7時0分配信

 「高校野球東東京大会・決勝、関東第一4-3東亜学園」(28日、神宮球場)

 関東第一が逆転サヨナラ勝ちで2年連続7度目の出場を決めた。1点を追う延長十回、主将の村瀬佑斗内野手(3年)の適時打で同点とし、森川瑶平内野手(3年)がサヨナラ打を放った。オコエ瑠偉(現楽天)を擁しベスト4を果たした昨年の再現を狙う。

 オコエが残した“魂”は、しっかりと受け継がれていた。劇的な結末を呼んだのは準決勝まで一塁ベースコーチを務めていた、身長158センチの伏兵だった。1点を追う延長十回。同点とし、なお1死二、三塁から外角直球を右中間に運んだ森川は「自分で感動しちゃいました」と目を赤く腫らした。

 スタメンの抜てきを知ったのは、試合開始1時間前。メンバーが記されたボードを見て「よしっ」と気合を入れた。第1、2打席でも安打を放ち、計3安打。「調子がいいので、決勝で使うと決めていた」と話した米沢貴光監督(40)は「よくやってくれた」と孝行息子をたたえた。

 昨年まではオコエの自主練習の相手を務めた森川。身長が伸びる効果のあるサプリメントを服用する努力が報われず「チビ」とからかわれる一方で「先にヘッドを出せ」と打撃のアドバイスを授かっていた。大舞台で結果を示した背番号14は「練習してきたことが生きた」と声を弾ませた。

 今年のチームにはオコエのような強烈な「個」はいない。それでも米沢監督は「野球の理解力は、昨年の子たちと一緒」とし「甲子園でも一戦必勝で戦いたい」と力を込めた。今大会3度目のサヨナラ劇で手にした夏切符。接戦を制し、ベスト4まで勝ち上がった昨夏の再現を予感させる。

最終更新:7月29日(金)7時23分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]