ここから本文です

=日本株銘柄フォーカス=【決算メモ】ブロンコビリー <3091>

ZUU online 7/29(金) 20:20配信

■客数増で既存店が堅調

東海地区を中心に関東や関西地区でステーキチェーンを展開するブロンコビリーが15日に発表した上期(1-6月期)決算は、売上高が前年同期比19.1%増、営業利益が同30.0%増と二桁の増収増益となり、売上高、営業利益とも中間期として過去最高を更新しました。会社計画に対しても売上高が2%以上、営業利益が7%近く上振れて着地し、順調な折り返しとなりました。

ブロンコビリーでは様々なキャンペーンやイベントを実施することで客数が伸びています。客数減を客単価アップで補う会社が目立つなかで、ブロンコビリーでは客数増を背景に既存店が伸びており、この上期の既存店売上高は2.0%増となっています。通期の既存店売上高はほぼ横ばいが前提となっていますが、上期の既存店が堅調な伸びをみせるなか保守的な計画にみえます。

通期の粗利益率の前提も保守的です。上期の粗利益率が1.1ポイント改善したのに対し、通期の粗利益率は0.2ポイントの改善に止まる計画となっています。足元で円高が進行していることや、牛肉の需給がオーストラリアからの中国や米国に対する輸出が減って緩んでいることなどを考慮すると粗利益率の一段の改善が期待できそうで、据え置きとなった通期予想の上振れもありそうです。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

最終更新:7/29(金) 20:20

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。