ここから本文です

<東京都知事選>立候補者の1日ルポ ── 小池百合子候補(前編)

THE PAGE 7/31(日) 20:00配信

 舛添要一前東京都知事の辞職を受けてはじまった東京都知事選は31日、投開票日を迎えた。各候補者はここまで、東京各地に足を運んで聴衆に手を振り、マイクを握って熱弁をふるってきた。立候補者の一人、元衆議院議員で防衛相や環境相を務めた小池百合子氏(64)は、「都民による都民のための都政を取り戻す」などと主張。自民党の支援なしに、各都民に支持を訴える「どぶ板選挙」を展開してきた。小池氏のある1日を追った。

 東京都知事選も終盤の7月26日火曜日午前9時20分ごろ。曇り空につつまれたJR箱根ヶ崎駅前東口ロータリーに、白い車が停車した。車から降りてきた小池氏は、すぐさま街頭宣伝車に入るのかと思いきや、そのままロータリー周辺の聴衆へ歩み寄って対話し、握手をし、求められれば記念写真の撮影にも応じている。聴衆とスキンシップを図り、支持を強化しようという意図が伝わってきた。

 ロータリーを一通りまわり終えると、小池氏は街宣車の上に登って演説を開始した。場所が多摩地域だけに「舛添さんは多摩に行かずに、湯河原に行っていた」と聴衆を笑わせるとともに、「多摩は東京23区よりも遅れてさまざまな整備が進められた。この格差をどう解消するかを真剣に考えたい」など、公約に掲げた多摩格差の是正も忘れず主張していた。

 聴衆の中には、緑色の衣類を着たり、緑色のぬいぐるみを持っている人が目立つ。なかにはゴーヤーを持ってきた人もいるという。小池氏陣営は、聴衆が身につけたり、持ってきたりした緑色の衣類やグッズを「百合子グリーン」と呼ぶ。他の会場でも、街頭演説を聞くために購入したという「百合子グリーン」のカーディガンを着た女性など、緑色の衣類やモノを購入したという人が複数いた。陣営では、街頭演説の予定を知事選特設サイトやSNS、メーリングリストなどで告知するとともに、街頭演説に来るときには「緑の帽子やハンカチを持って応援ください」と呼びかけていた。

 2番目の街頭演説先であるイオンモールむさし村山店(武蔵村山市)でも、小池氏は聴衆に話しかけ、握手をするなどスキンシップに努めていた。記者が、タイミングを見計らい名刺を渡してあいさつすると、こちらの話を聞いた上で名刺を受け取ったのち、「ネットの方ですか?」ときさくに話しかけてきた。

1/2ページ

最終更新:7/31(日) 20:00

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。