ここから本文です

韓国・仁川(インチョン)で「金正日(キム・ジョンイル)バッジ」発見…中国産の模造品と推定

WoW!Korea 7月29日(金)11時44分配信

韓国・仁川(インチョン)永宗島(ヨンジョンド)のホテルで発見された「金正日(キム・ジョンイル)バッジ」は中国で製作された模造品と推定された。

 仁川中部警察署は29日、前日28日に永宗島グランドハイアット仁川前の花壇で発見された「金正日バッジ」は北朝鮮で製作されたものではなく、中国で観光記念品として売られているものと推定されると明らかにした。

 警察は誰が何の目的でこのバッジを持ってきたのか、国内流入の経緯を捜査する方針だ。

 これを前に、中部警察署は前日午前、ホテル前の花壇に金正日総書記の写真が打ち込まれたバッジ196個がばらまかれているのを発見したと通報を受けて出動、発見されたバッジを回収した後、調査をおこなった。

 発見当時バッジは花壇に乱れた状態だったが、周囲に対韓国ビラなどはなかった。

最終更新:7月29日(金)11時44分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。