ここから本文です

ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

レスポンス 7月29日(金)11時30分配信

ホンダが発表した2016年6月の四輪車の生産・販売・輸出実績によると、世界生産は前年同月比7.8%増の42万5305台と、6月として過去最高を記録し、13か月連続のプラスとなった。

[写真:埼玉製作所寄居工場]

国内生産は同23.2%増の6万7113台と、2か月連続で前年実績を上回った。海外生産は同5.3%増の35万8192台、6月として過去最高の数字で16か月連続のプラス。北米、アジア、中国の生産台数は、6月として過去最高を記録した。

国内販売は同9.4%減の6万1122台で、3か月ぶりのマイナス。登録車は同10.6%減の3万3946台で5か月ぶりのマイナス、軽自動車も同7.8%減の2万7176台で3か月ぶりのマイナスとなった。

輸出は同579.4%増の1万5959台で、12か月連続のプラス。米国および欧州向け『フィット』の生産開始により、大幅増となった。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月29日(金)11時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]