ここから本文です

「グレイズ・アナトミー」のT・R・ナイト、再びションダ作品に

シネマトゥデイ 7月29日(金)23時40分配信

 テレビドラマ「グレイズ・アナトミー」でジョージ・オマリーを演じていたT・R・ナイトが、ションダ・ライムズがプロデュースする新ドラマ「ザ・キャッチ(原題) / The Catch」の第2シーズンに出演すると The Hollywood Reporter などが報じた。

「グレイズ・アナトミー」【写真】

 「ザ・キャッチ(原題)」は、婚約者による詐欺の被害者である私立探偵アリス(ミレイユ・イーノス)が、仕事を続けながら婚約者の行方を捜すというストーリー。T・Rが演じる役柄は明かされていないが、彼のために書かれた役だという。

 ションダは、「ワクワクするような秘密だったわ! 一番お気に入りのファミリーメンバーの一人が戻ってくるの!」と報告。T・Rもションダやスタッフ、最高のキャストと一緒に仕事ができることは最高だとコメントしている。

 同性愛者のT・Rは、当時の共演者イザイア・ワシントンから差別的な発言をされ、その後、ションダとコミュニケーションがうまくいかなくなったことを理由に、残り1年間の契約期間がありながら、第5シーズンで「グレイズ・アナトミー」を降板していた。(澤田理沙)

最終更新:7月29日(金)23時40分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。