ここから本文です

【オートモビルカウンシル】スバルのテーマは「ボクサーエンジン50周年」

レスポンス 7月29日(金)12時36分配信

スバル富士重工業は、8月5日から7日の3日間、幕張メッセ(千葉市)で開催される、「オートモビル カウンシル 2016」の出展概要を発表した。

[関連写真]

オートモビル カウンシルは、「クラシック ミーツ モダン」をコンセプトに、ヘリテージカーショップやパーツショップ、各自動車メーカーが参画する日本初の「名車」イベント。80台を超える往年の名車を展示・販売する。

富士重は今年、水平対向エンジンを初めて搭載したスバル『1000』の発売から50周年にあたることから、「ボクサーエンジン50周年」をテーマにスバルと水平対向エンジンの歴史をクルマ・エンジンの展示とともに紹介する。

スバルブースでは、スバル1000と今秋発売予定の新型『インプレッサ』、新旧2台のボクサーエンジン搭載車を展示。そのほか、中島飛行機製の星形エンジン「栄エンジン」、スバル初の水平対向エンジン「EAエンジン」、新型インプレッサに搭載予定の「FBエンジン」を展示する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月29日(金)12時36分

レスポンス