ここから本文です

川俣町山木屋の避難解除目標 来年3月末で決定

福島民報 7月29日(金)10時10分配信

 東京電力福島第一原発事故に伴う福島県川俣町山木屋地区の避難指示を巡り、町は新たな解除目標を平成29年3月末とし、帰還に向けた生活環境整備を8月1日に政府などへ要望する。28日、町議会全員協議会と山木屋行政区長会で説明し、了承された。
 3月末解除を求める住民の意向に沿って決めた。要望書は町、町議会、山木屋行政区長会の連名で、政府の原子力災害対策本部と復興、環境、農林水産の各省庁に提出する。再除染や昨年9月の豪雨で被害を受けた道路や河川の復旧、農業を含むなりわい確保などに対策を講じた上で、来年3月末に避難指示を解除するよう求める。
 古川道郎町長は「避難指示解除後も国の支援は継続してもらう。住民が安心して帰れる環境づくりを求めたい」と話した。町は住民懇談会の開催時期を国の回答を踏まえて決める方針。

福島民報社

最終更新:7月29日(金)12時7分

福島民報