ここから本文です

NECがPaaS分野に参入、11月から

ITmedia エンタープライズ 7月29日(金)8時14分配信

 NECは7月28日、11月に「PaaS基盤」サービスの提供を開始すると発表した。また、IaaSの「NEC Cloud IaaS」に新しいサービスも追加した。「PaaS基盤」ではOpenShiftやOpenStackなどのオープンソースソフトウェア(OSS)を活用する。

 「PaaS基盤」サービスは、初期投資を抑えながらOpenShiftを中心としたコンテナ型アプリケーション開発・運用環境を迅速に立ち上げられるのが特徴という。アプリケーションの構築から配備までを継続的かつ自動的に実行する環境、周辺システムも含めたソフトウェアを基本セットにして、NEC Cloud IaaSの仮想サーバのHAまたは物理サーバ上で利用できる。NEC Cloud IaaSのHAクラスのユーザーでは、セルフサービスポータルからのプロビジョニングから即日利用が可能になっている。

 またNEC Cloud IaaSでは、仮想サーバサービス「スタンダード(STD)」と「ハイアベイラビリティ(HA)」の中間的な新サービス「スタンダードプラス(STD-Plus)」を追加する。STDより高負荷な業務やリソースを専有したいというニーズに対応するものという。

 STDと比較してゲストOSでは、Windows ServerやCent OSのほか、Red Hat Enterprise Linuxを利用できる。HAと同等の高性能スペックのサーバ機能を利用可能。また、専有環境でも利用できるが、サービス提供は11月から。

 「PaaS基盤サービス」の基本セットの利用料金は月額35万円から。STD-Plusは共有型で仮想サーバ1台当たり月額8840円から、専有型は月額39万8000円から。

 コンテナ技術利用の「PaaS基盤」は、新サービスなどを素早く立ち上げたいというニーズに応えるものの、専用環境で構築・運用するにはユーザーの負担が大きい。NECにサービスは高性能で専有型のPaaS基盤を効率的な運用をしたいというハイレベルユーザーの要求を満たすものとみられる。

最終更新:7月29日(金)8時14分

ITmedia エンタープライズ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]