ここから本文です

永野 クレーム逆手に「ログレス」CM再登場 新ネタ披露し次回作もアピール

東スポWeb 7月29日(金)15時32分配信

 お笑い芸人の永野(41)が29日、東京・文京区の東京プレスルームで行われたスマートフォン向けRPG「剣と魔法のログレス いにしえの女神」のCMキャラクター発表記者会見に登場した。

 永野は昨年8月に同CMキャラクターとして起用され、大きな“反響”があったという。

「視聴者かユーザーか分かりませんが『不快だから、CMを差し替えろ!』との反響があった。毒か薬か分からないが、ここでもう一度、永野さんの力をお借りしたい」(マーベラス・猪野氏)

 その言葉を聞いた永野は「悪口言ってます?」と少々キレ気味に話し「ログレスはいいゲームですけど、ポケモンGOを逆転するのは…」とスポンサーをイジる。それでも「ログレスはみんなで楽しめるゲーム。誰もまともなことを言わないから、僕が言うしかない。この夏、1000万ダウンロードを達成したいです!」と意気込んだ。

 フォトセッションではポケモンGOをやっているふりして「ログレス!」とポーズ。実は今回のCMは昨年撮影したものをそのまま使用しているという。

「新しいですよね。僕もまったく気負いがない。会見にもたばこを買いに来るような気持ちで来た」と笑わせ、最後は新ネタ「華がないと悩み続ける女優の頭からチューリップが咲き続ける」を披露。「次のCMはこれでお願いします!」と力強くアピールした。

最終更新:7月29日(金)16時5分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。