ここから本文です

六本木にバットマン歴代グッズ集結、「スーサイド・スクワッド」劇中衣装の展示も

映画ナタリー 7月29日(金)12時4分配信

展示イベント「バットマン100%ホットトイズ」が、9月10日から25日まで東京・泉ガーデンギャラリーにて開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このイベントは、DCコミックス原作「スーサイド・スクワッド」の公開を記念して行われるもの。同作の撮影で使用された車や、ジョーカー、ハーレイ・クイン、デッドショットらのコスチュームが展示される。

そのほか伊藤英明、佐藤隆太、赤西仁、KenKenら著名人16名がデザインした1/6スケールのバットマンフィギュア、ホットトイズが制作した1/1スケールのバットモービルなども集結。この会場でしか買えない限定アイテムの販売も行われるのでファンは足を運んでみては。

9月10日に封切られる「スーサイド・スクワッド」は、バットマンらヒーローたちに捕らえられ、死刑や終身刑となったヴィラン(悪役)たちで結成された集団スーサイド・スクワッド(自殺部隊)の面々が、減刑と引き換えに命懸けのミッションに挑むさまを描く物語。ジャレット・レト、マーゴット・ロビー、ウィル・スミスが出演に名を連ねる。

バットマン100%ホットトイズ
2016年9月10日(土)~25日(日)東京都 泉ガーデンギャラリー※会期中無休開場時間 10:30~17:30入場料:無料



(c) & (TM)DC Comics. (c) & (TM) DC Comics and Warner Bros. Entertainment Inc.(s16)

最終更新:7月29日(金)12時4分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。