ここから本文です

ゴジラの正体は野村萬斎だった!「シン・ゴジラ」でモーションキャプチャ担当

映画ナタリー 7月29日(金)12時12分配信

全国ロードショー中の「シン・ゴジラ」に、野村萬斎が出演していたことがわかった。

これは、本日7月29日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた「シン・ゴジラ」初日舞台挨拶にて発表されたもの。萬斎は劇中に登場するゴジラのモーションキャプチャのアクターを担当した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

イベントで上映されたビデオメッセージで、萬斎は「ずっと言いたかったのですけれど、箝口令が敷かれていて今日までお話しすることができませんでした!」と述べ、「『シン・ゴジラ』はスリリングな、手に汗握る映画になっていました。このような作品にタイトルロールで出させていただいてウッヒッヒという気持ちでございます。ゴジラは野村萬斎だという気持ちでもう一度観ていただければ幸いでございます」とにっこり。

なお映画ナタリーでは、「シン・ゴジラ」初日舞台挨拶の模様を追ってレポートする。

「シン・ゴジラ」は、東宝が12年ぶりに製作する「ゴジラ」最新作。庵野秀明が脚本と総監督、樋口真嗣が監督を担当し、長谷川博己、竹野内豊、石原さとみらが出演に名を連ねる。

最終更新:7月29日(金)12時12分

映画ナタリー