ここから本文です

不朽の名作が感染!?「高慢と偏見とゾンビ」5人姉妹が華麗に戦う予告編

映画ナタリー 7月29日(金)12時17分配信

「高慢と偏見とゾンビ」の予告編がYouTubeにて公開された。

ジェイン・オースティンの古典小説にゾンビのテイストを加えたセス・グレアム=スミスの小説がベースの本作。死者が生ける屍と化す謎のウイルスが蔓延する18世紀のイギリスを舞台に、ベネット家の勇敢な5人姉妹が彼らに立ち向かうさまを描く。「シンデレラ」のリリー・ジェームズが主演を務め、「きみがくれた未来」のバー・スティアーズが監督と脚本を担当した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

予告編は「高慢と偏見」というタイトルとともに始まり、誤解からすれ違う男女の恋愛模様が映し出される。しかし突如ロマンティックな雰囲気が一変。タイトルがスライドして“ゾンビ”という文字が現れ、5人姉妹がキレのある身のこなしでゾンビたちと戦う姿が捉えられていく。

「高慢と偏見とゾンビ」は9月30日より東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー。

最終更新:7月29日(金)12時17分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。