ここから本文です

【舩越園子の目】連勝狙うステンソン「スイングできることが幸せ」

デイリースポーツ 7月29日(金)11時32分配信

 「米男子ゴルフ・全米プロ選手権・初日」(28日、バルタスロールGC=パー70)

 2週間前、全英オープンでメジャー初優勝を飾ったヘンリック・ステンソンが、首位と2打差の5位と好発進を切った。

 思えば、今年のこの時期にメジャー2連勝を狙う立場に立つことを、ステンソン自身も周囲も今年の始めごろには予想していなかった。

 それもそのはず。ステンソンは昨年12月に膝の手術を受け、今年1月と2月は欠場。3月から復帰したものの、6月の全米オープンでは「軽く筋トレしていたときに膝が小さな音を立て、奇妙な感覚になった」と違和感と痛みを感じ、棄権した。

 米ツアーにおける成績を見れば、マスターズ後は、ウエルスファーゴ選手権とプレーヤーズ選手権でどちらも予選落ちを喫し、全米オープンは棄権という具合に惨憺たるものだったが、次戦の全英オープンで勝利を挙げたわけで、突然の故障に泣くこともあれば、不調の流れの末に突如ビッグな勝利を手に入れることもある。

 「もう40歳。膝は両方とも手術を受けた身。僕のスイングは膝に大きな負荷がかかるんだけど、それでもスイングできていることは幸せだよ」

 前向きに信じる心こそが力になる。「自信は膨らみつつある」という今のステンソンならメジャー2連勝も夢じゃない。

(在米ゴルフジャーナリスト)

最終更新:7月29日(金)11時40分

デイリースポーツ