ここから本文です

複雑な情報を保持する3Dプリント用データフォーマットの仕様を公開

MONOist 7月29日(金)10時5分配信

 富士ゼロックスは2016年7月12日、慶應義塾大学SFC研究所と共同で、物質の内部構造/色/材料/接合強度などまでを含めた3次元の複雑な情報を保持する3Dプリント用データフォーマット「FAV(FAbricatable Voxel)」を研究し、その仕様をWebサイト上で公開した。同技術は、SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボの田中浩也代表による3Dデータ処理ソフトウェア開発のノウハウと、富士ゼロックスの画像処理技術の強みを生かすことで実現した。

 両者は、既存の3Dデータフォーマットのように、ポリゴン(三角形)で3次元モデルの表面のみを記述するのではなく、立方体や球体など、3次元の基本要素であるボクセルで3次元モデルを表現するデータフォーマットのFAVを研究。FAVは、1つ1つのボクセルに色/材料などの情報を付与できるため、3Dプリンタで高い表現力が可能になる。

 また、色/材料/接合強度など、3次元の複雑な内部構造を保持した状態で、立体物を表現できる。3Dモデルの表面だけでなく、内部構造/色/材料/接合強度情報を全て保持した3Dデータフォーマットは、世界初になるという。

 これまで、CMYK/RGBなどの各種色や、異なる材料が内部で複雑に入り組んだものを3Dプリンタで出力するには、入り組んだ構造を別々にCADで設計するなど、複雑な工程が必要だった。今回開発されたFAVにより、複雑な工程を経ずに、簡単にカラー情報や材料情報を保持した3Dプリント出力が可能になるとしている。

最終更新:7月29日(金)10時5分

MONOist